2020-01-29 19:19TOPICS

弘中弁護士事務所を捜索=出入国管理法違反容疑―ゴーン被告逃亡・東京地検

東京地検による家宅捜索を受け報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士=29日午後、東京都千代田区
東京地検による家宅捜索を受け報道陣の取材に応じる弘中惇一郎弁護士=29日午後、東京都千代田区

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が中東レバノンに逃亡した事件で、東京地検は29日、出入国管理法違反などの容疑で、弘中惇一郎弁護士の事務所(東京都千代田区)を家宅捜索した。弘中弁護士はゴーン被告の弁護人だったが、逃亡後の今月16日に辞任した。地検は押収資料を分析するなどし、逃亡の経緯解明を進める。
 弘中弁護士によると、先週、地検から事情聴取の要請を受けたが、拒否した。弁護団を辞任した別の弁護士も拒否したという。
 地検はこの日、保釈中にゴーン被告が使用していた会議室などを捜索。被告との面会者を記録した書類を押収した。打ち合わせメモや被告が使っていたパソコンも対象としていたが、事務所側は医師や弁護士に認められた押収拒絶権を行使したという。
 地検は8日にも、パソコンを差し押さえるため、地裁の令状を取って事務所を訪れていたが、事務所側が拒絶権を行使。係官を事務所に立ち入らせていなかった。
 地検の捜査などによると、ゴーン被告は昨年12月29日、都内の保釈中の住居を出て関西空港から無断出国した。地検は警視庁に協力を要請し、住居周辺の防犯カメラ映像などを解析。ゴーン被告は米国籍とみられる男2人と共にプライベートジェットで出国し、トルコ・イスタンブール経由でレバノン入りしたことが判明した。地検は少なくとも3人の協力者がいたとみて捜査している。 

最新ニュース

写真特集

最新動画