2020-01-24 08:18World eye

ファーウェイCFO身柄解放デモ、参加者は金銭受け取った俳優 カナダ

【バンクーバーAFP=時事】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の最高財務責任者(CFO)孟晩舟被告の身柄を、米国へ引き渡すかどうかの審理で、カナダの裁判所前で行われた孟被告の身柄の解放を求めるデモに参加していたのは、金銭の支払いを受けた俳優・女優だったことが分かった。本人らがカナダメディアに明らかにした。≪写真はカナダ・ブリティッシュ・コロンビア州バンクーバーにある裁判所前で、中国の華為技術の最高財務責任者〈CFO〉孟晩舟被告の身柄の解放を求めるデモを行う人々≫
 ただし、金銭を支払っていたのが何者かは明らかになっていない。
 審理が始まった20日、男女十数人が「孟を解放せよ」「トランプは私たちへのいじめをやめよ」などと手書きで書かれた紅白のプラカードを手にデモを行った。
 デモ参加者らは現場でのAFPの取材には応じなかった。しかし、後に数人がカナダメディアの取材に応じ、2時間の仕事に対して100~150カナダ・ドル(約8400~1万3000円)の報酬を受け取っていたと明らかにした。
 仕事については、映画のエキストラだと思っていて、フェイスブックや知人を介して受けたという。
 カナダ公共放送CBCの取材に応じたジュリア・ハックスタッフさんは、「気付き始めたのは、米CBSの記者が私と友人に近づき、取材を始めた時だった。これがエキストラの仕事なら、エキストラを詳しく取材する必要なんてないはずだから」と語った。
 さらに多くの記者らが近づいてコメントを求めてきたことで、映画だと思って参加していたものが、実は正真正銘の現実の出来事だと気付いたという。ハックスタッフさんは、「そういえば、アクションの掛け声もなかった」と語った。
 別のデモ参加者、ケン・ボンソンさんも、日刊紙トロント・スターに同様の説明をし、「自分が何に参加しているのか全く分かっていなかった」と語った。
 ボンソンさんは、孟被告もその審理も知らなかったと説明した上で、「いやはや、われながらとても恥ずかしい」と語った。
 AFPはオタワの在カナダ中国大使館と華為技術にこのデモについて問い合わせたが、どちらからも速やかな回答を得られなかった。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画