2020-01-23 12:27政治

安倍首相、施政方針「桜」言及なしを釈明=立憲・福山氏、退陣迫る―参院で代表質問

 安倍晋三首相の施政方針演説に対する各党代表質問が23日午前、参院本会議でも始まった。演説で「桜を見る会」の問題に言及しなかった理由について、首相は2020年度の開催を中止したことに触れ、「関係予算を全く計上していないことから、(演説に)盛り込まなかった」と釈明した。立憲民主党の福山哲郎幹事長への答弁。
 カジノを含む統合型リゾート(IR)事業をめぐる汚職事件や、自民党の河井克行前法相と妻の案里参院議員の公職選挙法違反疑惑に触れなかったことについては、「内閣として言及することが捜査に影響を与える可能性がある」と説明した。
 桜を見る会の問題について、福山氏は「全ての混乱の責任は首相にある」と退陣を迫った。首相は「真摯(しんし)な反省の上に、私自身の責任で全般的な見直しを行っていく」と拒否した。
 日産自動車前会長カルロス・ゴーン被告の国外逃亡に関しては、「誠に遺憾であり、経緯を解明するとともに、出国手続きのより一層の厳格化を図る」と強調した。自民党の岡田広氏への答弁。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画