2020-01-23 08:00地域

ライトアップ列車を運行 大阪府貝塚市

 大阪府貝塚市を走る水間鉄道は、車体の下部を青色の発光ダイオード(LED)でライトアップさせた列車を2月3日まで運行している。暗くなると青白い光が沿線の暗闇を彩り、担当者は「路線のPRになれば」と語る。
 水間鉄道は市中心部の貝塚駅から水間観音駅までの5.5キロを結ぶ単線の路線。LEDは同線を走る一般車両の1編成に取り付けた。LEDのラインテープを結束バンドで固定させたもので、費用は数万円程度に抑えた。
 点灯式は同社の開業記念日である昨年12月24日に開催。式には藤原龍男市長も参加し、点灯を見守った。同社は毎年開業記念日にイベントを実施。2018年は、水間観音駅の構内を大小さまざまな大きさのコケ玉で彩った。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画