2020-01-22 12:14World eye

事故多発の米名門競馬場、3日間で新たに3頭死ぬ

【ロサンゼルスAFP=時事】米カリフォルニア州の有名競馬場サンタアニタパークにおいて、この週末に新たに3頭の馬が死ぬ事故が起きていたことが20日に分かった。≪写真は資料写真≫
 サンタアニタパークの関係者は、19日に調教を行っていた4歳のせん馬(去勢手術を行った牡馬)が、事故で負傷して安楽死させたと発表した。けがの詳細については明らかにされていない。
 同競馬場では17日と18日にも合計2頭が死んでおり、2018年12月から命を落とした馬の数は少なくとも42頭に上っている。
 今回の問題を受けて動物愛護団体は怒りの声を上げ、より厳しい安全規制が導入されるまで競馬を中止することを改めて州当局に呼び掛けた。
 サンタアニタパークには約2000頭の馬が在籍しており、米国最大規模の厩舎(きゅうしゃ)となっている。
 ロサンゼルス郡検察局は昨年、サンタアニタパークで馬が死ぬ事故が続いていることについて捜査を行った結果、犯罪行為や動物虐待の証拠は何も見つからなかったと発表した。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画