2020-01-09 16:23国際

英下院、EU離脱法案を可決へ=月末に悲願達成

 【ロンドン時事】英下院は9日、政府が欧州連合(EU)と合意した国際条約「離脱協定案」を実行に移す関連法案の採決を行う。ジョンソン首相率いる与党・保守党が昨年12月の総選挙で下院の過半数を確保したため、法案は可決される見通しだ。これで月末の悲願達成へ道筋が付く。
 メイ前首相の協定案は三たび否決され、当初昨年3月末だった離脱期限は延長を繰り返した。ただ、ジョンソン首相が協定案の見直しでEUと一致したことで潮目が変わり、下院は昨年1月に行われた最初の採決から1年を経て、ようやくゴーサインを出す運びとなった。
 法案は上院でも可決され、近く成立することが確実視されている。EUも欧州議会が月内に協定案を承認する見込みで、英EU双方の批准により条約が発効する予定だ。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画