2019-12-13 20:12社会

埼玉中1自殺、いじめを認定=原因は絞れず―第三者委

 埼玉県所沢市で2017年7月、市立中1年の男子生徒が電車にはねられ死亡した事故で、市教育委員会は13日、同級生によるいじめがあったとする第三者委員会の調査報告書を公表した。ただ、ほかにも勉強や部活動などさまざまな要因で追い詰められており、自殺の原因を一つに絞るのは困難と結論付けた。
 男子生徒は17年7月10日朝、所沢市の西武池袋線の踏切で、通学途中に電車にはねられ死亡した。遮断機が下りていたことなどから、自殺と判断されていた。
 報告書は、父親にもらった入学記念の学用品を同級生に壊されたことや、複数の侮蔑的なあだ名で呼ばれていたことなどをいじめと認定した。
 また、学校に男子生徒のSOSを拾えるシステムが乏しかったと指摘した。
 両親は市教委を通じ、「こんな思いをする親がこれ以上増えないことを願ってやみません」などとするコメントを出した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画