2019-12-07 11:11国際

トランプ氏、中国への融資「止めろ!」=世銀に圧力

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は6日、世界銀行が承認した中国への融資計画に、「なぜ中国に融資するのか? こんなことは可能なのか?」と不満を表明し、「(計画を)止めろ!」とツイートした。米国は世銀の最大出資国。貿易問題などで中国と対立するトランプ政権が批判の矛先を世銀にも向ける可能性がある。
 開発途上国に資金支援を行う世銀は5日、中国に対し2020~25年に年間10億~15億ドル(約1090億~1600億円)の低利融資計画を認めた。これを受けトランプ氏は「中国はたくさんの金を持っている」と書き込み、計画の妥当性に疑問を投げ掛けた。
 世銀は中国の構造改革、環境に配慮した経済成長や社会保障制度の向上を支援する目的で、長期融資計画を認めた。ただし、中国の経済規模などを踏まえ「融資は徐々に減る」と説明している。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画