2019-12-03 09:17World eye

タトゥーイベントは「ポルノ」? 半裸姿の写真にマレーシア政府が猛批判

【クアラルンプールAFP=時事】マレーシアで開催されていた国際タトゥーエキスポをめぐり、同国の政府当局は2日、参加者の男女らの半裸写真が同国内で広く拡散したことを受け、このイベントをイスラム教徒が大半を占める同国にはふさわしくない「ポルノ」だとして厳しく批判した。≪写真はマレーシアの首都クアラルンプールで開催された「国際タトゥーエキスポ」で、入れ墨を披露する男性ら≫
 首都クアラルンプールで開かれたイベントは、世界各地から参加者を集めた。ただネット上に出回った写真では、体中に入れ墨した多くの参加者らが、彫り物を披露するために裸に近い格好になっていた。
 モハマディン・ケタピ観光相は当初、今月1日まで3日間にわたって開催された同イベントを支持していたものの、問題の画像を見た後、同国の「礼儀正しく慎みのある」文化を反映するものではないと指摘。
 ケタピ氏は「観光省がこのようなポルノを含むイベントを認可することは到底できない」とし、「これはマレーシアの文化ではない」「国民の大部分はイスラム教徒だ」と述べた。
 ケタピ氏はまた、調査を命じるとともに、主催者らに対して政府が法的措置を取る可能性もあると警告した。
 当局は「半裸のパレード」を認可していなかったとし、過去にボルネオ島で複数回開催された国際的なタトゥーイベントでは、裸体があらわになることはなかったとしている。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画