2019-12-02 08:00地域

ガラスのサンタがお目見え 富山市

 富山市の富山ガラス工房に、ガラスで作られた個性豊かなサンタクロースがお目見えした。同工房では「クリスマス展」と、来年の干支(えと)ねずみや鏡餅を表現した「干支・鏡餅展」を同時開催している。どちらも12月25日まで。
 ガラス作品は、工房に所属する作家や、富山に縁のある作家が手作業で制作。一点物の作品ばかりで、それぞれの個性を楽しめる。クリスマス展では約150点、干支・鏡餅展では約100点の作品を展示している。展示作品の購入もできる。
 サンタやクリスマスツリーのオーナメント(飾り)を作った同工房製作課の古賀雄大さんは「手作業で作っているので味がある。良い意味で個性が強いので、それが伝われば」と話している。
 古くから「薬売り」で知られる富山は、ガラスの薬瓶の製造も盛んだったため、市は「ガラスの街」を街づくりの柱の一つに位置づけている。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画