2019-11-21 08:00地域

「恋する灯台」、観光活用へ=宮崎県日向市

 宮崎県日向市の「細島灯台」が、国の有形文化財に登録された。半円アーチ型に突き出た出入り口や、バルコニーを支える持ち送りのデザインなどが評価された。2017年には、日本ロマンチスト協会と日本財団によって「恋する灯台」にも認定されている。日向市は「多くの人が訪れる重要な観光資源。周辺の海岸部の観光地とともに楽しんでもらいたい」と、ロマンチックな灯台として、本格的に観光に活用していく方針だ。
 市はサーフィンによるまちづくりなどに取り組むなど、海を使った活性化策に力を入れている。灯台を管理する日向海上保安署も「瀬戸内海から南下したり、関門海峡へ北上したりする船の安全にとって重要な灯台だが、今後は地域振興に一役買って、子供からお年寄りまでに愛される灯台になってほしい」と後押ししていく構えだ。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画