2019-11-20 08:58World eye

クルーズ船をホテルとして利用、2022年カタールW杯

【ドーハAFP=時事】2022年に行われるサッカーW杯カタール大会の組織委員会は18日、スイスに拠点を置くクルーズ会社MSCクルーズの2隻をドーハ港に停泊させることで同社と合意したと発表した。≪写真は資料写真≫
 カタールW杯の組織委員会は、計4000の客室を誇るクルーズ船2隻が「(ドーハの)ウエストベイの素晴らしい景色をファンに提供する」「ファンのためにクルーズ船をチャーターすることはカタールの宿泊設備戦略の一部」と発表した。
 また、イスラム教を国教とするカタールではアルコールが厳禁となっているが、英タブロイド紙は船上での飲酒が許可されると予測している。カタールは2022年11月21日から約1か月にわたる大会期間中におよそ150万人が同国を訪問すると推定している。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画