2019-11-20 08:00地域

「戻りガツオ」が豊漁=宮城県気仙沼市

 生鮮カツオの水揚げ量22年連続日本一を誇る宮城県気仙沼市の気仙沼漁港で、「戻りガツオ」が豊漁となっている。市観光課は「例年にない脂の乗り。とろけるような口どけと甘みが特徴だ」と自信満々だ。
 春先のカツオを初ガツオと呼ぶのに対し、漁の終盤に水揚げされる秋のカツオを戻りガツオと呼ぶ。水産課によると、今年は春にカツオの不漁が続いたが、夏以降捕れるようになり、今年も水揚げ量日本一となる見通し。
 観光課は「カツオ漁が終わらないうちに、早く気仙沼へ味わいに来てほしい」と呼び掛けている。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画