2019-11-17 22:52スポーツ

日本、韓国を下し初優勝=山田が逆転3ラン、鈴木MVP―野球プレミア12

 野球の東京五輪予選を兼ねる第2回プレミア12最終日は17日、東京ドームで決勝が行われ、日本代表「侍ジャパン」(2次ラウンド1位)は連覇を狙った韓国(同2位)を5―3で下し、初優勝を果たした。日本が主要国際大会を制したのは2009年のワールド・ベースボール・クラシック以来、10年ぶり。
 日本は一回に先発の山口(巨人)が3失点。その裏に鈴木(広島)の二塁打で1点を返し、二回に山田哲(ヤクルト)の3ランで逆転。七回に浅村(楽天)の適時打で追加点を奪った。大会の最優秀選手(MVP)には鈴木が選ばれた。
 3位決定戦はメキシコ(同3位)がタイブレーク方式の延長十回、3―2で米国(同4位)にサヨナラ勝ちし、今大会の米大陸勢最上位に与えられる東京五輪の出場権を獲得した。メキシコが野球で五輪に出場するのは初めて。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画