2019-11-17 18:58スポーツ

日大の宮川選手が実戦復帰=反則行為から1年半ぶり―アメフット

 日本大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で反則行為を行った宮川泰介選手(21)が17日、東京都調布市のアミノバイタルフィールドで関東大学リーグ1部下位の横浜国大戦に出場し、約1年半ぶりに実戦でプレーした。
 4年生で副将も務める宮川選手。第1クオーターから試合終了までディフェンスの選手として、ルールに従った力強いタックルを見せるなど41―3の勝利に貢献した。試合後の記者会見では、昨年5月の試合でけがをさせた関西学院大選手とその家族、関係者に対して改めて謝罪を表明。復帰できたことについて「感謝の気持ちしかない。自分のしてしまったことなので、たとえ出られなかったとしてもチームのためプラスになろうとやってきた」と語った。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画