2019-11-17 16:21社会

ドリフト走行会で事故=スタッフけが、2年前にも―佐賀

 17日午前9時25分ごろ、佐賀市富士町市川の天山スキー場の駐車場で行われていた「ドリフト走行」のイベントで、広島市の男性(40代)が運転する車が接触したコース脇のドラム缶が、イベントスタッフの40代男性=福岡県久留米市=の体に当たった。男性は久留米市の病院に搬送され、右腕骨折の重傷とみられる。
 タイヤを滑らせながら車を走らせるイベントで、佐賀県警佐賀北署によると、1周約700メートルのコースで、コース脇には防護柵代わりにタイヤやドラム缶を設置していた。
 事故当時は8台が練習走行していた。別車両が単独事故を起こしたため、コース脇にいた男性スタッフが駆け付けようとした際、広島市の男性の車がドラム缶に接触、缶は約5メートル飛んだという。
 このイベントは自動車販売整備業を営む40代男性=福岡県大刀洗町=が主催。同署は事故原因とともに安全対策に不備がなかったかを調べる。
 この会場では、2017年11月にも別の主催者が開いたドリフト走行のイベントで、観客を含む5人がけがをした。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画