2019-11-15 14:56国際

アリババ、香港株式上場へ=NYと重複、重要市場アピール

 【上海時事】中国電子商取引最大手、阿里巴巴(アリババ)集団は15日、香港取引所での新規株式公開(IPO)手続きを開始したと発表した。中国メディアによると26日に上場し、最大で134億米ドル(約1兆5000億円)を調達する見込み。
 同社は2014年からニューヨーク証券取引所に上場しているが、米中貿易摩擦が激化する中、米政府が中国企業の資金調達を制限するとの観測が浮上している。
 一方、中国当局の規制緩和で、本土の投資家は香港株への投資が容易になっており「重複上場により、本土の資金を呼び込む狙い」(市場関係者)とみられる。
 香港では反政府抗議活動が激化。国際金融センターの機能を維持できるか、投資家の間で不安が高まっており、「今年に入り世界最大級のIPO」(欧米メディア)を実現させ、香港の魅力をアピールする狙いもありそうだ。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画