2019-11-13 15:41政治

桜を見る会「やめるべき」=松井維新代表

 日本維新の会の松井一郎代表は13日、例年4月に開かれる首相主催の「桜を見る会」について「税金の使い方として不適切で、やめるべきだ」と主張した。大阪市役所で記者団の質問に答えた。
 松井氏は「税金を使って与党の国会議員だけに(招待客の)枠があるのは後援会活動だ。特権的な行事は終了すればいい」と強調。その一方で「民主党の(政権)時もやっていた。追及している側も一緒だ」と述べ、野党の姿勢を批判した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画