2019-11-13 08:52World eye

米バーガーキング、欧州25か国でベジタリアンバーガーの販売開始

【ロンドンAFP=時事】米ファストフード大手バーガーキングは欧州で12日、肉を使っていないベジタリアンバーガーの販売を開始した。同社は拡大するベジタリアン市場で多くの顧客を得ることを期待している。≪写真は資料写真≫
 主要商品「ワッパー」をベジタリアン向けに作り変えたこのハンバーガーは、米国とスウェーデンでの試験販売をへて、欧州25か国の2500店舗で新たに販売される。来年初頭には英国でもベジタリアンバーガーの販売を開始する可能性があるという。
 バーガーキングのデビッド・シアー社長はAFPに対し、「欧州市場でこれほど大規模に新商品を導入するのは初めてだ。ベジタリアン市場は成長しており、将来性がある」とコメントした。
 バーガーキングによると、この新商品によって同社はべジバーガーを提供する欧州最大のファストフードチェーンとなる。米国では、これまでファストフードをひいきにしなかった顧客がベジタリアンメニューによって集まり、通常メニューの売り上げも促進しているという。
 しかし一方で、新商品のベジタリアン用の人工肉を牛肉や鶏肉と同じグリル上で調理するとすれば、厳格なベジタリアンには拒否されるだろうと指摘する声もある。
 食事療法や倫理上、環境上の理由から「ビーガン(完全菜食主義者)」になる人々が増える中、世界の食品業界では動物由来ではないたんぱく質でできた商品の市場競争が加速している。米金融大手JPモルガンは、植物性「肉」の市場規模は15年以内に1000億ドル(約11兆円)を超える可能性があると指摘している。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画