2019-11-12 21:14社会

血圧計ベルト首に巻き作動=救急車内で後輩に、3人免職―大阪

 大阪府茨木市消防本部は12日、救急車内で血圧計のベルトを後輩消防士の首に巻き付けて作動し、目や顔面に内出血の傷害を負わせたなどとして、男性救急救命士3人を懲戒免職処分にしたと発表した。同本部の泉頼明消防長は「良識を逸脱する行為で、市民の信用失墜を招き、深くおわびする」と陳謝した。
 同本部によると、5月17日午前0時35分ごろ、白川分署に勤務していた救急救命士の消防士長(34)と消防副士長(33)が出動先から引き揚げる際、救急車内で後輩の20代男性消防士の首に血圧計を巻き付けた。消防士は死の恐怖を訴えて嫌がったが、作動させたという。
 消防士の顔に内出血の痕が残ったため、消防士長らは同日朝、同分署の消防司令補(47)に報告。しかし、司令補は関係者に口止めし、隠蔽(いんぺい)を図った。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画