2019-11-12 19:06社会

大嘗祭の供え物を納入=都道府県の特産物

 天皇陛下の即位に伴う大嘗祭で供えられる都道府県の特産物「庭積の机代物(にわづみのつくえしろもの)」のうち、既に納入済みの米やアワ以外の品物を宮内庁に納める行事が12日、同庁で行われた。午前中は「悠紀(ゆき)地方」(東日本)の福島県の梨、静岡県のワサビなど。午後は「主基(すき)地方」(西日本)の徳島県のスダチや兵庫、福岡両県の干しダイなど、色とりどりの果物や野菜、魚介類などが庁内の講堂に並べられた。
 庭積の机代物は、明治天皇の大嘗祭(1871年)から始められた。「悠紀田」に選ばれ、米を作った甲府県(山梨県)から願い出があったとされる。
 特産物は47都道府県各3~5品で、シイタケが26都府県から納められたほか、沖縄県のゴーヤーや香川県のキウイフルーツ、石川県の紋平柿など、29年前の平成時にはなかった物も目立つ。大嘗祭当日は、大嘗宮の主要な建物「悠紀殿」と「主基殿」の南側にそれぞれ設けられた庭積帳殿の机上に供えられる。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画