2019-11-12 16:54社会

老人ホーム元職員を逮捕=入所者を肘打ちした疑い―鹿児島県警

 老人ホームで入所者の女性の顔を肘打ちしてけがをさせたとして、鹿児島県警日置署は12日、傷害容疑で、施設の元介護士で無職有馬洋一容疑者(38)=同県いちき串木野市西島平町=を逮捕した。「右肘で殴ったことは間違いない」と話し、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は10月25日午前5時20分ごろ、同県日置市伊集院町の有料老人ホームで、入所中の女性(77)に対し、左あご付近を右肘で打つなどの暴行を加え、約10日間の傷害を負わせた疑い。
 同署によると、女性は高度の認知症で、同容疑者は当時1人で勤務していた。有馬容疑者の後に勤務に入った職員が、女性の顔にあざがあるのを発見。防犯カメラに同容疑者が肘打ちする様子が映っていたほか、施設の聞き取りに殴ったことを認めたため、施設長が同署に届け出た。
 施設は10月31日付で有馬容疑者を解雇した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画