2019-11-11 17:48ニュースワード

種苗法

 種苗法 農作物の新品種を保護する法律。同法に基づく品種保護制度は開発者に対し、穀物などは25年間、果樹は30年間、種子や苗木を独占的に販売できる権利を与えている。一般の農家も開発者に利用料を支払えば、新品種を栽培し、収穫物を販売できる。無断栽培などの権利侵害には10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科される。イチゴやブドウといったブランド果物の海外流出が近年問題となっており、農林水産省は同法改正を含め対策を強化する方針。

最新ニュース

写真特集

最新動画