2019-11-08 20:02社会

小2女児殺害、殺意を否認=検察側「人命軽視甚だしい」―25歳男初公判・新潟地裁

 新潟市西区で昨年5月、小学2年の女児=当時(7)=を殺害し、遺体を線路に遺棄したとして、殺人などの罪に問われた小林遼被告(25)の裁判員裁判の初公判が8日、新潟地裁(山崎威裁判長)であった。小林被告は「首を絞めたのは間違いないが、殺意はありませんでした」と起訴内容を一部否認した。
 冒頭陳述で検察側は、小林被告が事件当日、わいせつ行為をするため車を走行させながら下校途中の小学生を物色したと指摘。1人で歩いていた女児にわざと背後から衝突して転倒させ、後部座席に連れ込んだ上で首を絞めて気絶させたとした。
 その後、移動先の駐車場でわいせつ行為をし、泣きだした女児の首を5分以上絞めて殺害。発覚を防ぐために遺体を電車にひかせたとして、「人命軽視の態度が甚だしい」と非難した。
 弁護側は、殺人罪ではなく傷害致死罪にとどまると主張。強制わいせつ致死罪も成立しないと訴えた。
 起訴状によると、小林被告は昨年5月7日、新潟市西区の路上で女児に車を衝突させて連れ去り、駐車場に止めた車の中でわいせつな行為をし、首を手で圧迫し殺害。その後、遺体を線路上に放置し、電車にひかせたとされる。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画