2019-11-08 13:47社会

25歳男、殺意を否認=新潟女児殺害で初公判―地裁

 新潟市西区で昨年5月、小学2年の女児=当時(7)=を殺害し、遺体を線路に遺棄したとして、殺人などの罪に問われた小林遼被告(25)の裁判員裁判の初公判が8日、新潟地裁(山崎威裁判長)であった。小林被告は「首を絞めた行為は間違いないが、静かにしてもらうためで、殺意はありませんでした」と起訴内容を一部否認した。
 起訴状によると、小林被告は昨年5月7日、新潟市西区の路上で女児に車を衝突させて連れ去り、駐車場に止めた車の中でわいせつな行為をし、首を手で圧迫し殺害。その後、遺体を線路上に放置し、列車にひかせたとされる。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画