2019-11-08 09:30World eye

仏ノートルダム大聖堂再建、中国の専門家が協力へ 両国首脳が合意

【北京AFP=時事】今年4月の火災で大きく損傷したフランス・パリのノートルダム大聖堂の再建に、中国の専門家チームが参加することが決まったと、中国国営メディアが6日伝えた。≪写真は火災で損傷したフランス・パリのノートルダム大聖堂≫
 新華社通信によると、北京でこの日会談したエマニュエル・マクロン仏大統領と習近平中国国家主席が、合意文書に署名したという。中国チームは現場でフランス側の専門家と共に修復作業に携わるとしているが、詳細には触れていない。
 世界遺産に登録されている築850年のノートルダム大聖堂は、火災で屋根や尖塔(せんとう)が崩落し、大きく傷ついた。火災当時は消防隊員400人が鎮火に当たった。
 新華社によれば中仏当局は、火災のすぐ後から再建協力をめぐって連絡を取り合っていたという。
 中国文化遺産研究院の柴暁明院長は、「火事で損傷した古い建築、特に木造建築の復元に関しては、中国は経験豊富だ」と国営英字紙チャイナ・デーリーに語っている。
 「つまり、ノートルダム大聖堂の屋根の樫材の木組みの修復方法について、われわれにはさまざまな提案が可能だということだ」
 新華社はまた、中仏が6日の合意文書に基づき、中国・陝西省西安にある世界遺産の「兵馬俑(へいばよう)」の保護でも協力すると伝えている。
 ノートルダム大聖堂が火災に見舞われた当時、世界中からフランスに見舞いが寄せられた。習氏は見舞いのメッセージでノートルダム大聖堂のことを「人類文明で傑出した宝物」と表現していた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画