2019-11-08 09:00World eye

「ゲーム依存対策」 中国、若者向けに新規制発表

【北京AFP=時事】中国政府は5日、若者のゲーム依存対策の一環として、ゲーム時間などを制限する新規制を発表した。≪写真は資料写真≫
 新たな規制では、18歳未満の子どもは夜10時から朝8時までオンラインゲームで遊ぶことができなくなり、日中は1回につき90分のみに制限される。
 オンラインゲームの課金上限額も、16歳未満は月200元(約3000円)までに引き下げ、16~18歳の上限は月400元(約6000円)までとした。
 さらに、ゲームのユーザー登録をする際には、実名に加え、メッセンジャーアプリ「微信(ウィーチャット)」のアカウント情報や電話番号、身分証明書の番号の提出が求められるようになる。
 政府はゲーム制作会社に対しても、若者のゲーム依存を防ぐため「ゲームのコンテンツや機能、ルールを修正」するよう呼び掛けている。
 中国は世界最大のビデオゲーム市場だが、子どもの近視の悪化をはじめとする健康被害やインターネット依存などの懸念から、政府はゲーム業界における規制を強めている。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画