2019-10-23 10:01政治

自衛隊の中東派遣に疑問噴出=自民

 自民党は23日、外交・国防部会などの合同会議を党本部で開き、自衛隊の中東派遣について議論した。出席者からは、政府が想定する自衛隊の活動海域からホルムズ海峡が除外された理由や、活動の法的根拠を防衛省設置法の「調査・研究」としたことに対し、疑問が相次いだ。
 閣僚経験者の一人は「日本のタンカーが多数航行する(ホルムズ海峡を含む)ペルシャ湾での活動も検討すべきだ」と指摘。別の出席者は「(調査・研究活動では)いざとなったときに警察権行使しか認められない。そのような状態で隊員を送り込んで大丈夫なのか」とただした。政府側から明確な回答はなかった。
 政府は18日、シーレーン(海上交通路)を通る船舶の安全に関する情報収集のため、自衛隊の艦艇や哨戒機を中東に派遣する検討に入ると発表。イランとの友好関係に配慮し、米国の有志連合構想には参加せず、活動海域からホルムズ海峡を除外した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画