2019-10-22 10:56国際

左派モラレス氏、決選投票回避も=2位に10ポイント差―ボリビア大統領選

 【サンパウロ時事】南米ボリビアの中央選管に当たる最高選挙裁判所(TSE)は21日夜(日本時間22日午前)、前日実施された大統領選挙の中間開票速報値の発表を再開し、左派のモラレス大統領(59)は開票率95.56%時点で得票率を46.85%に伸ばした。「得票率4割以上で、2位と10ポイント差以上」の当選要件を満たしており、決選投票を待たずに同氏が4選を決める可能性が出てきた。
 候補者9人中、2位で中道のメサ元大統領(66)は得票率36.74%で、モラレス氏との差は10.11ポイント。20日夜の第1回発表(開票率83.85%時点)では、2人の差は7.87ポイントだった。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画