2019-10-22 10:18社会

純白の装束で即位報告=賢所で「大前の儀」―皇居

 天皇陛下は「即位礼正殿の儀」に先立つ22日午前、皇居・宮中三殿で「即位礼当日賢所大前(かしこどころおおまえ)の儀」など二つの皇室の儀式に臨み、神前に即位の礼の挙行を報告された。
 陛下は午前9時すぎ、純白の装束「帛御袍(はくのごほう)」姿で賢所の殿上に姿を見せた。落ち着いた表情で前を向いて歩き、内陣に入り、これから即位の礼を行う旨の御告文(おつげぶみ)を読み上げた。
 歴代天皇や皇族を祭る皇霊殿、国中の神々を祭る神殿でも同様の所作を行った。
 続いて純白の十二単(ひとえ)姿の皇后さまが三殿を巡って拝礼した。
 皇族方のほか三権の長や閣僚らが参列。戦前は国家的行事として大掛かりに行われたが、平成時に規模が縮小され、今回は前例を踏襲した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画