2019-10-22 00:07国際

国王配偶者の称号剥奪=「背信行為」を非難―タイ

 【バンコク時事】タイ王室は21日、ワチラロンコン国王(67)がスティダー妃(41)とは別の女性に授けた「国王の高貴な配偶者」を意味する「チャオクンプラ」の称号を授与から3カ月足らずで剥奪したと発表した。王妃と同等の立場を求めるなど国王に背信行為を働いたためとされ、女性は所属していた陸軍の階級も失った。
 国王は誕生日の7月28日、長年交際していたシニーナートさん(34)に称号を与え、8月には2人で過ごす姿などを捉えた写真が公開された。チャオクンプラの称号授与は1932年に絶対君主制から立憲君主制に移行後、初めてだった。
 シニーナートさんは看護師を経て陸軍で国王の護衛を務め、今年5月に少将に昇進していた。
 王室によると、シニーナートさんは5月の国王とスティダー妃の結婚を妨害しようとした。その後も王室の称号を求めたため、国王は混乱を回避しようと配偶者の称号を与えたが、王妃のように振る舞って国王夫妻に反抗的な態度を取った。王室は声明で「国家と王室に対する破壊行為」と厳しく非難した。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画