2019-10-21 10:13World eye

世界最古8000年前の真珠、アブダビで展示へ UAE

【アブダビAFP=時事】考古学者らが世界最古と呼ぶ8000年前の真珠が、アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで展示される。当局が20日、発表した。新石器時代から真珠が取引されていたことを証明するものとされている。≪写真はアラブ首長国連邦の首都アブダビ沖のマラワ島で発見された真珠。アブダビ文化観光局提供≫
 この天然真珠が見つかったのは、アブダビ沖のマラワ島。同国最古の建築物跡の発掘で、部屋の床から発見された。
 アブダビ文化観光局によると、この真珠が発見された層は、放射性炭素年代測定で新石器時代の紀元前5800年から5600年にさかのぼる。
 同局のムハンマド・ムバラク局長は「アブダビで世界最古の真珠が発見されたことは、わが国の最近の経済・文化の歴史の多くが、先史時代の幕開けにさかのぼる深いルーツを持っていることを示している」と語った。
 崩壊した新石器時代の石の構造物群から成るマラワ島の発掘現場では陶器、貝や石で作られたビーズ、フリント製の矢じりなども発見された。
 この「アブダビの真珠」は、フランス・パリのルーブル美術館の海外分館であるルーブル・アブダビで、30日から開催される「1万年の宝物」展で初公開される。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画