2019-10-09 22:46スポーツ

台風19号接近で10日に会見=ラグビーW杯

 台風19号の接近により、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグ数試合の開催が危ぶまれている件について、国際統括団体ワールドラグビーと大会組織委員会が10日に記者会見を開くと9日に発表した。
 大会規定では自然災害で中止となった場合、1次リーグの試合は順延せずに引き分け扱いとするが、組織委の関係者によると、代替会場を使うなど開催する方向で模索している。過去8回のW杯で試合が中止になったことはない。
 10日は試合がなく、11日からの3日間で8試合が予定されている。13日に組まれている日本―スコットランド戦(横浜国際総合競技場)の判断も注目される。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画