2019-10-09 21:24社会

「卓越した業績、心から喜び」=吉野教授受賞に沸く名城大―ノーベル化学賞

 吉野彰さんが大学院の教授を務める名城大(名古屋市)では、会議室で小原章裕学長らが発表の様子を動画で見守った。吉野さんの名前が挙がると、大学院生らに一瞬、驚いたような表情が浮かんだが、すぐに拍手が湧き起こった。
 「吉野先生の卓越した研究業績が栄えある賞に結びつき、心から喜び申し上げる」。記者会見で、小原学長の声は弾んだ。吉野さんの業績を解説した土屋文教授も「とても素晴らしいこと。間近に居られて、大変うれしい」と顔をほころばせた。
 「とても優しい人柄」(土屋教授)という吉野さん。小原学長は6月、吉野さんが欧州発明家賞を受賞した後の雑談で「次はノーベル賞ですね」と水を向けた。吉野さんはにやりと笑った後、「いただけるならいただくし、待っているわけではない」と語ったという。
 記者会見場では、吉野さんの研究内容が記されたパネルを小原学長や大学院生らが囲み、偉業をたたえた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画