2019-10-09 16:16World eye

【こぼれ話】次期欧州委員長、本部ビルに寝泊まり予定

【ブリュッセルAFP=時事】欧州委員会の次期委員長に指名されたドイツのウルズラ・フォンデアライエン氏はベルギー・ブリュッセルに赴任したら、マンションなどを借りずに、自身の執務室の隣の部屋を改装して住居とする予定であることが分かった。同氏の職員が3日、AFPに語った。≪写真はウルズラ・フォンデアライエン氏≫
 欧州委員長には公邸がない。このため現職のジャンクロード・ユンケル氏はドイツ紙に、月3250ユーロ(約38万円)もするホテルのスイートルームで暮らさなければいけないと不満を漏らしたことがある。
 フォンデアライエン氏は、欧州委員会本部13階の執務室の隣の部屋(広さ25平方メートル)を平日寝泊まりできるように改装中だという。
 ドイツの国防相であるフォンダライエン氏は現在も同じような生活をしており、平日はドイツの首都ベルリンにある職場に泊まり、週末はハノーファー近郊の自宅で家族と過ごしている。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画