2019-10-07 20:36社会

台風19号、週末に日本接近=猛烈勢力、高波警戒―気象庁

 大型の台風19号は7日、猛烈な勢力に発達してマリアナ諸島沖を西へ進んだ。今後北寄りに進み、12日から13日に本州、四国、九州に接近、上陸する恐れがある。
 気象庁は、小笠原諸島は9日から12日にかけて、沖縄・大東島地方は10日から12日にかけて高波に警戒するよう呼び掛けた。西・東日本の太平洋側も11日以降は高波の恐れがあり注意が必要。
 19号は7日午後6時、マリアナ諸島沖を時速30キロで西北西へ進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカル、最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。半径190キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、東側650キロ以内と西側440キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画