2019-09-15 09:08スポーツ

岡本が初優勝=平野は決勝逃す―スケートボード世界選手権

 【サンパウロ時事】スケートボード・パーク世界選手権は14日、ブラジルのサンパウロで女子準決勝と決勝、男子準決勝が行われ、女子は13歳の岡本碧優が初優勝を果たした。前回優勝の四十住さくらは2位、中村貴咲は8位。小川希花、11歳の開心那、手塚まみは準決勝で敗退した。
 男子は冬季五輪のスノーボードで2大会連続銀メダルの平野歩夢(木下グループ)が準決勝で敗れた。平昌五輪で平野を抑えて金メダルを獲得したショーン・ホワイト(米国)も決勝を逃した。
 今大会は、東京五輪出場権が懸かる世界ランキングのポイント対象大会。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画