2019-09-15 10:34スポーツ

鶴竜休場、横綱不在に=3日連続で金星配給―大相撲秋場所

 大相撲の横綱鶴竜(34)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が秋場所8日目の15日から休場した。5日目から3日連続で金星を配給していた。白鵬も2日目から休場しており、横綱不在となるのは初場所以来。
 鶴竜は日本相撲協会に「左膝内側側副靱帯(じんたい)損傷の疑いがあり、約2週間の安静加療を要する見込み」との診断書を提出した。休場は初場所以来で通算13度目。8日目の対戦相手、玉鷲は今場所2度目の不戦勝。
 鶴竜は東京・両国国技館で取材に応じ、「場所前から左膝に突っ張るような感じがあり、足の動きが悪かった」と説明。再出場の可能性については「厳しいと思う。横綱はただ出ればいいというわけではない」と述べた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画