2019-08-16 08:00地域

高校生かるた王者、連覇の偉業-福岡

 人気急上昇中の競技かるたの高校生の最高峰「かるたの甲子園」(全国高等学校小倉百人一首かるた選手権大会)で、福岡県古賀市在住の福岡高校3年、自見壮二朗さん(17)が、個人戦最高位A級で優勝した。昨年に続く優勝で、平成と令和をまたいでの王者。連覇は23年ぶりの快挙という。
 4歳の時に、母親にもらった、かるたゲームで遊んだのがきっかけで、5歳の時には古賀市のかるた会に入って大人の中で腕を磨き、中学時代は全国大会で3連覇を果たし、高校でも部活を率いて活躍してきた。
 7月21日に滋賀県の近江神宮で行われた「かるたの甲子園」では、「周りが(前回王者の自分を)倒しに来るというプレッシャーがあった」という自見さんだったが、終盤で一気に優勝を決めた。古賀市役所を表敬した自見さんは「競技かるたの醍醐味(だいごみ)は、男女も大人も子供も、体の大きさも関係なく戦えること。今後は大人の大会で全国制覇を目指す」と力強く語った。【もぎたて便】

最新ニュース

写真特集

最新動画