2019-08-15 09:14World eye

高校生環境活動家トゥンベリさん、米NYに向けヨットで英出航

【プリマスAFP=時事】スウェーデンの高校生環境活動家グレタ・トゥンベリさん(16)は14日、米ニューヨークで開かれる国連の気候変動サミットに出席するため、英プリマスから炭素排出量ゼロのヨットで出航した。モナコ・ヨットクラブ副会長でモナコ公家の一員であるピエール・カシラギ氏が船長の一人としてかじを取る。≪写真は英国南西部のプリマスで、ヨット「マリツィアII号」での出航を前に記者会見するスウェーデンの高校生環境活動家グレタ・トゥンベリさん≫
 ヨット名のマリツィアと書かれた航海用の黒いジャケットを身にまとったトゥンベリさんは、プリマス港で記者団に対し「私はこれ(ヨットでの航海)が実際にできる世界で数少ない人の一人で、挑戦すべきだと思った」と語った。数分後、トゥンベリさんは電動モーターボートでマリツィア号まで移動。通り過ぎる帆船上の人々の拍手を受ける中、マリツィア号に乗り込んだ。
 トゥンベリさんは9月23日の国連サミットの前に若者の抗議デモに参加予定。その後はカナダ、メキシコに向かい、12月にチリで開催される国連会議に出席する。移動方法は今のところ明らかになっていない。
 トゥンベリさんは「家に帰る方法はまだわからない」と語っている。
 気候変動に対する学校ストライキで世界の子どもたちの間で運動を巻き起こしたトゥンベリさんは、炭素を排出するという理由から飛行機の利用を拒否している。そんなトゥンベリさんは良心の呵責(かしゃく)なく国連会合に参加できるよう、父のスバンテさん、旅路を記録するドキュメンタリー作家と一緒にレース用ヨットでニューヨークに向かうことを提案された。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画