2019-08-13 12:08経済

東京株、大幅安=米株下落で一時300円超

 3連休明け13日午前の東京株式市場で、日経平均株価が大幅に下落した。米国株安や外国為替市場で進んだ円高を嫌気した売りが優勢となり、下げ幅は一時前週末比300円を超えた。午前の終値は244円31銭安の2万0440円51銭。
 米株式市場では12日、世界的な景気悪化懸念を背景にダウ工業株30種平均が389ドル安と大幅に下落。ダウは前週末にも90ドル安を記録しており、株安基調が続いた形だ。円相場も1ドル=105円台前半まで上昇し、投資家の間でリスク資産から資金を引き揚げる動きが活発化。東京株式市場では景気動向に業績が左右されやすい鉄鋼や海運を中心に幅広い銘柄が売られた。 
[時事通信社]

最新ニュース

写真特集

最新動画