2019-07-18 09:21World eye

不調のミケルソン、6日間の断食で「リセット」 7キロ減量で全英へ

【ポートラッシュAFP=時事】男子ゴルフ、メジャー通算5勝のフィル・ミケルソン(米国)は16日、不調が続いていたことを受け「リセット」するために6日間の断食を行い、今週開幕する第148回全英オープンに「自信」を持って臨めると明かした。≪写真は第148回全英オープンの練習ラウンドでファンにサインするフィル・ミケルソン≫
 全英オープンが開催される北アイルランドのロイヤル・ポートラッシュ・ゴルフクラブでこの日、25年にわたりトップ50以内をキープしていることを表彰されたミケルソンは、水と「特別なコーヒー」しか飲まない生活を6日間続けたことで、6.8キログラムの減量に成功したと述べた。
 現在49歳のミケルソンは「最初の1日半は大変だったけれど、その後は食べ物を欲しなくなるのが分かった。気分が良くなるだけでなく活力も増大し、集中力も高まった」とコメントした。
 「心と体をリセットするために始めたけれど、まだスタートしたばかり」「この調子で最高の力が出せるように、心と体にポジティブな栄養を与えていきたい」
 しかし、直近6大会で4度の予選落ちを喫し、世界ランクを17位から28位に下げたミケルソンは、断食をしたからといってすぐに調子が上がるわけではないかもしれないと認め、「プレーの改善につながるかは分からないが、自分に自信が持てるようになり、一日中気分良くいられるのは確か」と付け加えた。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画