2019-07-18 09:10World eye

「思考を解き放て」 テクノの先駆者ジェフ・ミルズ

【オランジュAFP=時事】テクノのパイオニアである米ミュージシャン、ジェフ・ミルズさん(56)は11日、AFPのインタビューに応じ、エレクトロニック・ミュージックは「中産階級」のものに成り果て、政治的鋭さを失ってしまったと語った。≪写真は米ミュージシャンのジェフ・ミルズさん。仏オランジュの古代劇場で≫
 ミルズさんはミシガン州デトロイト出身で、多大な影響力を持つレコードレーベル「アンダーグラウンド・レジスタンス」を結成した。DJでもありプロデューサーでもあるミルズさんは、ティーン向けに作られる「バブルガム・ポップ」が、世界のダンスフロア、テレビ、ラジオ、イヤホンを乗っ取ってしまったと指摘する。
 「音楽、特にダンスミュージックは、かつてはもっと政治的だった」「暴力や残忍性、人種差別といった特定の問題について容易に語ることができた」
 だが、今やエレクトロニック・ミュージックは、ある種の人たち――典型的な中産階級で、おそらくかなり快適な生活を送っている人たちにより作られていると語る。
 音楽がもっと関心を向けるべきだとミルズさんが考えている政治的問題は、今では「声を上げるべき時でも脇に追いやられてしまっている」と指摘する。「ウィザード(魔法使い)」の名でも知られるミルズさんは、「ダンスミュージックは現実逃避を前提としている」と語った。
 「パーティーにみんながやって来るのは、真夜中の数時間、(外の世界を)遮断したいからだ」と指摘する。人々は米大統領のことも、メキシコの国境で死んでいく人たちのことも、テロについても、スーダン情勢についても考えたくないのだと強調する。
 ■思考を解き放て
 ミルズさんは、オーケストラとコラボするなど10年以上にわたりテクノの限界を広げてきた。アンダーグラウンド・レジスタンスの仲間と一緒にエレクトロニック・ミュージックの領域を切り開き、ひどい偏見と闘わざるを得なかったという。
 「音楽だけではなく、自らの思考も解き放たなくてはならない」 【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画