2019-05-23 11:53World eye

パナマの先住民族クナのデザインを無断使用、ナイキがスニーカーの発売中止

【パナマ市AFP=時事】米スポーツ用品大手ナイキは21日、パナマの先住民族クナの団体から同社のスニーカーが民族の伝統的なデザインの権利を侵害していると抗議されたことを受けて、このスニーカーの発売を中止すると発表した。≪写真はパナマの首都パナマ市で、民族の伝統的な布「モラ」を使った衣装を身に着けて記者会見に参加した先住民族クナの女性≫
 クナ側の弁護士は、ナイキは同社のスニーカー「ナイキエアフォース1」の特別モデルに、クナの伝統的な布「モラ」のデザインを許可なく使用しており、これは知的財産権の侵害に当たるとしている。ナイキは6月6日にこの特別モデルを一足100ドル(約1万1000円)で発売する予定だったが、クナ側は発売中止を要請していた。
 業界専門ウェブサイト「スニーカーニュース」が報じたナイキの説明によると、このデザインはプエルトリコ原産のコキーコヤスガエルを図案化したものだという。ナイキはAFPの取材に対し、デザインの表現が不正確だったと謝罪し、このスニーカーは販売しないと明らかにした。
 クナ民族の代表者、ベリサリオ・ロペス氏は、パナマ市で開いた記者会見で、世界では今回のようなケースが他にも起きており、先住民が保有する数千ものデザインや古代からの知恵が、多国籍企業によって勝手に使われていると指摘した。クナ側の弁護士はAFPに、このスニーカーの発売中止だけでなく、クナ民族の精神性の一部であるデザインをナイキが利用したことに対する賠償を求めていると明らかにした。
 クナ民族はパナマとコロンビアに暮らしており、その大多数がパナマ沖のカリブ海にあるクナヤラとも呼ばれるサンブラス諸島で生活している。環境保護団体は海抜の低いサンブラス諸島は温暖化による海水面上昇の影響で危険にさらされていると指摘している。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画