2019-05-19 14:23ニュースワード

青酸連続不審死事件

 青酸連続不審死事件 筧千佐子被告(72)の周辺で夫や交際中の高齢男性が相次いで死亡した事件。一部の被害者から青酸化合物が検出された。一審判決によると、筧被告は2013年12月に京都府向日市の自宅で夫の勇夫さん=当時(75)=を殺害。借金の返済を免れる目的で07年、交際していた神戸市の男性を殺そうとしたほか、12~13年には遺産を得るために内縁関係にあった大阪府貝塚市の本田正徳さん=同(71)=、兵庫県伊丹市の日置稔さん=同(75)=を殺害した。弁護側は病死や事故死の可能性があり、被告は認知症の影響で訴訟能力もないと無罪を訴えたが、京都地裁は退け死刑を言い渡した。

最新ニュース

写真特集

最新動画