2019-03-25 12:53World eye

パッキャオ、次の相手決めるファン投票をツイッターで実施

【マニラAFP=時事】ボクシング、WBAウエルター級王者のマニー・パッキャオ(フィリピン)が23日、次の対戦相手に関するファン投票を自身のSNSで実施した。≪写真はマニー・パッキャオ≫
 パッキャオは自身のツイッターに「次は誰と戦うべきだと思う?」と題したつぶやきを投稿。フロイド・メイウェザー・ジュニア、キース・サーマン、ダニー・ガルシア、ショーン・ポーターの米国出身ボクサー4人の中から1人を選ぶ投票を行った。
 本人のフェイスブックページにも投票のリンクが貼られており、開始から5時間の時点で2万7380票が集まっていたが、途中経過を確認することはできなかった。
 パッキャオがメイウェザーとの再戦を望んでいるのは周知の事実で、2015年に行われた世界最高額のファイトでは、判定の末メイウェザーに敗れている。2019年1月のエイドリアン・ブローナー(米国)戦に勝利し、再戦への道は開けたはずだが、正式には引退した身である無敗のメイウェザーは答えをはぐらかし続けている。
 パッキャオはツイッターでは約251万人、フェイスブックでは約1176万人のフォロワーが付いている。フェイスブックユーザーの多くはメイウェザーとの再戦を希望し、あるファンは「もちろんフロイド。その後に引退」とコメントしている。
 一方、IBFウエルター級王者のエロール・スペンス・ジュニアとの対戦を望み、「あの若造に生けるレジェンドたるゆえんを教えてやってくれ」とコメントしたファンもいた。スペンスは前週のマイキー・ガルシア(米国)戦に快勝してベルトを防衛している。
 パッキャオは現在40歳。24年間のプロキャリアで61勝(39KO)7敗2分の戦績を残している。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画