2019-03-22 12:54World eye

「先祖の奴隷」の写真めぐりハーバード大を提訴、米女性

【ニューヨークAFP=時事】19世紀に米ハーバード大学の人種差別主義者の教授に写真を撮影された奴隷の子孫だと主張する米国人女性が20日、先祖の写真が「搾取」されているとして同大を相手取り訴訟を起こした。女性は写真の引き渡しも求めている。≪写真は資料写真≫
 米北東部マサチューセッツ州の裁判所に訴えを起こしたのは、タマラ・ラニアーさん。問題の写真は、1850年にサウスカロライナ州で撮影された奴隷の男性とその娘の写真で、男性は家長でレンティという名、娘はデリアという名だったという。
 この写真は、米国の奴隷を撮影した写真として知られているうち最古のものと考えられており、現在は同州ボストン近郊にあるハーバード大の博物館に所蔵されている。
 撮影を依頼したのは、スイス系米国人で科学者だったハーバード大のルイ・アガシー教授。氷河の研究で知られる同教授は、白人至上主義者でもあった。
 訴状によると、アガシー教授は「黒人が生まれつき生物学的に劣性であることの『証明』」を目的に、強制的にレンティとデリアを裸にして撮影。そこには「同意も、尊厳も、対価もなかった」という。
 近年になって米国の複数の大学が奴隷制への関与を認めているが、ラニアーさんはハーバード大が「その歴史のグロテスクな一章を決して清算しようとせず、まして補償などしようともしていない」と訴えた。
 ラニアーさんはさらに、同大が「この写真の歴史の好ましくない部分を削除して、名声と利益のために搾取している」と抗議。2017年に出版された定価40ドル(約4400円)の人類学の本で、この写真を表紙に使用したことを非難した。【翻訳編集AFPBBNews】

最新ニュース

写真特集

最新動画