ランキング

アクセスランキング 最新TOP10

ヨガウエアで登校禁止は女子差別? 米ウィスコンシン州

2018-09-13 12:34



【シカゴAFP=時事】米ウィスコンシン州にある公立学校で、ヨガウエアを着て登校した女子生徒たちが処罰の対象となったことに批判が沸き起こっている。米国ではヨガ用のパンツやレギンスは一般的な服装として親しまれている。≪写真は資料写真≫
批判にさらされたのは同州の湖畔の街、ケノーシャにある公立学校。スポーツジムなどのカジュアルな場で着用される「アスレジャー(スポーツウエアとレジャー着を合わせたスタイル)」風の格好で登校した女子生徒らを差別したとして非難されている。学校側は11日、これを否定した。
同学区域では今年3月、ヨガ用のパンツやレギンス、タンクトップを着て登校することを禁じた規則が、女子生徒ばかりを対象にしているとして批判を浴び、撤回されている。だが、米国自由人権協会(ACLU)のウィスコンシン支部によれば、撤回された規則はいまだに「選択的に」適用されているという。地元メディアは、ある事例では女子生徒が服装を理由に2度、サマースクールから帰宅させられたと報じた。
ACLUは、撤回された服装規定が今なお、もっぱら女子生徒を対象に適用されているとの報告を受け取ったと発表。生徒を差別、嫌がらせ、不当な扱いから保護するよう地元当局に勧告したという。ACLUは「状況を変えなければ、女子生徒ばかりが些細な服装規定違反のために、授業を受ける機会を逃す事態が続くだろう」と述べた。
一方、学区域側はACLUに対し、服装に関する新しい方針は「非常にうまくいっている」と反論した。【翻訳編集AFPBBNews】
最新TOP10にもどる

その他 world eye

world eye一覧へ