ランキング

アクセスランキング 最新TOP10

商船三井客船に立ち入り検査=船長飲酒、クルーズ船事故で―国交省

2019-01-10 14:10

商船三井客船の大型クルーズ船「にっぽん丸」(2万2472トン)が米領グアムの港で米海軍の桟橋に接触し、船体の一部が損傷した事故で、国土交通省は10日、海上運送法と船員法に基づき、東京都港区の同社本社を立ち入り検査した。
商船三井客船や運輸安全委員会によると、事故は現地時間の昨年12月30日午後9時15分ごろ発生。グアムからサイパンに向け出港する際、桟橋に接触して船尾に穴が開いたり、亀裂ができたりした。乗客372人、乗員252人にけがはなかった。
当日、船長は酒を飲んでいたといい、国交省は事故との因果関係についても調査する。運輸安全委も調査官2人を指名し、事故原因の解明を進める。
[時事通信社]
最新TOP10にもどる

その他 社会

社会一覧へ