ランキング

アクセスランキング 最新TOP10

ルイツの優勝取り消し=レース中に酸素吸入―W杯アルペン

2019-01-10 23:18

国際スキー連盟(FIS)は10日、アルペンスキー男子のシュテファン・ルイツ(ドイツ)がレース中に規則で禁じている酸素補給を行ったとして、昨年12月のワールドカップ(W杯)優勝を取り消すと発表した。
ルイツは米コロラド州ビーバークリークで行われた大回転第1戦で1回目と2回目の滑走の間、医療機器を使って酸素を吸入したという。
このレースではマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が2位に入っており、繰り上げ優勝となる。FISの決定に関して、ルイツはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に異議申し立てができる。
[時事通信社]
最新TOP10にもどる

その他 スポーツ

スポーツ一覧へ